« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年10月

ずっと以前に何かで読んだことなんですけど。

例えば水面に石を投げて。
波が立ち、広がっていく。
同心円を描いて、どこまでも遠くへ。

一つの方向へ向かう波達は、
最初に出来た波も、
その次に出来た波も、
また、その次に出来た波も、
同じ水平線を目指していく。
最初に出来た波を追いかけて。

そして、
すべての波は、広がっていくにつれて、
違う方向へ向かっていく。

でも実は、
同じ時間に出来た波は、
どこまでいっても、同じ一つの波で、
目指す方向は違っても、
実はずっとつながってる。

マスターが、
RobeDuSolr」という石を水面に投げて、
一番最初に出来た、
「最初の仲間」という波は、
今も走り続けていて、
それを追って、
「新しい仲間」という波が、
いくつも走り始めてる。

そして、最初の波は、大きく広がって、
違う方向へ向かう波になってしまったけど、
実は、どこまで行っても、
マスター達と、一つの波として、
いつまでも、つながってる。

昨日は、そんなことを感じました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »